よったろーのせーさく日記2

アクセスカウンタ

zoom RSS ファーブラ・フィクタ テララ編第005話66

<<   作成日時 : 2017/04/10 14:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 が、フィクジュエモという架空の世界においてはそれがうまくなじんでいなかった。
 現実の存在である琴太達は、フィクジュエモが架空の世界から現実の世界への実在化するのと逆に【架空化(かくうか)】というのを行わなければならない。
 それが出来ない状態でいる限り、琴太達は1%にも満たない力しか発揮出来ていないのだった。
 【K】は対戦相手の【紅葉】と戦っているが、六つの最強の一つ、【最大】の力を一瞬出して、倒した。
 【紅葉】の得意とする戦い方は、回避能力の特化だったのだが、その特性を見抜いていた【K】は最も広範囲に影響力がある【最大】の力で倒したのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファーブラ・フィクタ テララ編第005話66 よったろーのせーさく日記2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる