よったろーのせーさく日記2

アクセスカウンタ

zoom RSS ファーブラ・フィクタ イグニス編第006話50

<<   作成日時 : 2017/04/02 14:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 導造君の【シャドウチェンジパートナー】は彼の影に彼の気を送る事でパートナーを召喚出来るというもの。
 吹き飛ばされると上空に体が浮かび、影が小さくなったり消えたりするから、うまく影に気を送り込めていないんだ。
 踏ん張れないと、導造君は【シャドウチェンジパートナー】の力が使えない。
 敵はそれをわかっているんだろうか?
 だから、吹き飛ばしたりしながら攻撃しているのだろうか?
 だとするとうまい!
 さすがと言うしかないわね。
 切り札である【シャドウチェンジパートナー】を使わせない戦術で戦っている。
 導造君は使わないのじゃなくて、使えないんだ。
 ここへ来て、【シャドウチェンジパートナー】の弱点の様なものがわかってしまった。
 これが広まれば、【シャドウチェンジパートナー】も多用できなくなる。
 これはまずいわね。
 そんな心配をしていた私だったけど、導造君はしっかりと考えていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファーブラ・フィクタ イグニス編第006話50 よったろーのせーさく日記2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる