ファーブラ・フィクタのその後008

続きです。

ディアマンテが、【吟侍様、私が出ますよ】と言って、その存在達と戦う事になりました。

ディアマンテが舐めてかかっていたというのもあります。

油断した彼女に拳が一つ当たりました。

ディアマンテは大した事ないと思ったのですが、後で、拳が当たった彼女の左肩が破裂しました。

続きます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック