ファーブラ・フィクタのその後004

続きです。

彼女のこういう所を【アコンルーク】に利用され、ソナタ達が吟侍達の側を離れるきっかけにされてしまったのです。

怒った様には見えないディアマンテは、名も知らぬ存在に向かって行きました。

彼女はセレークトゥース・ワールドの冒険には参加していませんでした。

なので、あの極端に大きな力を手に入れる事もありませんでした。

王杯大会エカテリーナ枠で、彼女の力を少し見る事も出来ましたが、真の実力は未知数と言えました。

続きます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック