ファーブラ・フィクタのその後002

続きです。

フェンディナ・エラーズが声をかけた先で、声がします。

【バレちゃった――なかなかやるねぇ、そこの人……】と。

フェンディナ・エラーズは、【名乗りなさい】と続けます。

相手の名前を名乗らせる前にはまず自分から――という事は言いません。

今回の相手は自分達をある程度、知っている。

知っている上で、見ている。

そう感じ取っていたからです。

続きます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック