ファーブラ・フィクタのその後010

続きです。

何にしろ、この使いの男にレアク・デの力のプロテクトがかかっているのであれば、今の吟侍にはどうしようもありません。

結婚式の招待状を見て推測するしかありませんでした。

というところまでが今回となります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック