ファーブラ・フィクタのその後004

続きです。

吟侍の反対意見が言えないのです。

吟侍のファンだというのはわかります。

ですが、それでも自分の思う通りに行動して欲しいと吟侍は思ったのです。

そして、彼は思いもかけない行動を取ることになります。

吟侍は自らの【答えの力】を封印し、【ディアマンテ――信じてるからな】と言って、ほぼ無防備のまま、【シスタール】達に向かっていきました。

続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック