HWと三作目018

続きです。

まぁ、【クアンスティータ数】の様な数で表現すれば、一応候補として挙がっているのが【6】か【11】ですね。

クアンスティータやクエニーデとは異なるイメージでやりますので、クアンスティータ数である【13】、【24】、【96】は避けようと思っています。

続きます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック