後継作品の世界観構築005

続きです。

 やがて憑き物が落ちたかの様に大宗教の【マボロシ姫】は小さな【マボロシ姫】に吸収されて消えました。
 その時、最後の奇跡が起きます。
 小さな【マボロシ姫】は男の子の母として復活したのです。
 やがて、【マボロシ姫】は奇跡の姫として言い伝えられる様になりました。
 ――という【物語】になりますね。

という所までが今回となります。
0

この記事へのコメント