後継作品の世界観構築005

続きです。

 でも王子は先刻承知です。
 ダナ姫など、元々、存在して居なかったという事を。
 ダナ姫の親族とは魔族が化けたものであるという事を。
 王子はスカートの中に隠し持っていた剣を取り出し、背後から襲って来たダナ姫の親族の心臓を一突きにしました。
 すると、
「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ……なぜ、解ったぁ~……」
 とダナ姫の親族は叫びました。
 いえ、もうダナ姫の親族ではありません。

という所でやはり長いので次回に続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント