お休みなさい。


それでは、今日はこれで失礼します。

お休みなさい。

また、明日。
0

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ていきます。

今日のブログの更新は次がラストになります。
0

今後の作業予定007

続きです。

それについては以前も書いたと思うのですが、もう1つ、ルール変更したいと思っています。

それは1話辺りのページ数です。

今までは一太郎というソフトで計算して20ページを超えたところで1話終了という事になっていましたが、セカンド・アース編と地球編もこのルールにしようと思っていますが、ファーブラ・フィクタ編だけは、20ページでは無く、24ページを超えたら1話としようと考えています。

たかが4ページと思われるかも知れませんが、【クエスト・ガイド~冒険案内人】で7ページ増やしている感覚からすると、結構、飛ばしがちな内容に深みを持たせるだけの文量を稼ぐ事が出来るページ数なのです。

なので、1話あたり24ページ以上とさせていただこうと考えています。

そこが変更点ですね。

まぁ、そんな感じで作って行きます。

以上です。
0

今後の作業予定006

続きです。

アクア編は後、2.5話、ウェントス編は後、9話で完結ですが、それぞれの0.5話分は共通の話にしようと思っています。

それで、次のシリーズとなるファーブラ・フィクタ編ですが、ちょっとルールを変更しようと思っています。

アクア編やウェントス編は1話のシリーズ辺り最大で10話までというルールが決められ
ていましたが、ファーブラ・フィクタ編はクアンスティータがお休みしている部分は7話、クアンスティータ本体編は13話ずつという事にしようと思っています。

続きます。
0

今後の作業予定005

続きです。

次は【クエスト・ガイド~冒険案内人】の作業次第でいつ始められるかわかりませんが、【ファーブラ・フィクタ】の方の作業ですね。

これはウェントス編の完結話シリーズになります第011-01話は終わりましたが、まだ、それ以降が進んでいません。

アクア編の完結話が第011-08の半分まで進めていますので、ウェントス編も第011-08話の半分まで書き進めたいと思っていますが、ウェントス編の方はこのシリーズの敵の情報もまだ曖昧な状態ですし、これから固めていかないとと思っています。

続きます。
0

今後の作業予定004

続きです。

更に言えば、【クエスト・ガイド~冒険案内人】の表紙と挿絵のイラストも必要なので、プラス3×2の6カットも必要になりますね。

つまり、【クエスト・ガイド~冒険案内人】の第四話から第六話を【エブリスタ】さんで公開するには素材だけでこれだけの手間がかかります。

それから投稿作業が別にありますので、なかなか進まないという訳です。

【クエスト・ガイド~冒険案内人】についてはそれくらいですかね?

続きます。
0

今後の作業予定003

続きです。

それと平行してやっているのが、【卯月のミニ水着写真集】ですね。

これは表紙1ページ、本文10ページの計11ページになりますが、写真とイラストを上手く合成して、キャラクターを写真にとけ込ませないといけないので、普通に絵だけで終わらせた方が早いくらい手間がかかります。

これも11ページ×3セット作る事になります。

1st、2nd、3rdミニ写真集にする予定なので、合計33カット必要になります。

続きます。
0

今後の作業予定002

続きです。

また、ルビ(読み仮名)を【エブリスタ】さんで使える形に変えて行かないと行けないので、例えば、【九歴 卯月(くれき うづき)】となっているものを【|九歴《くれき》 |卯月《うづき》】と作り替えるので、これが数多くあれば、これも結構手間になります。

更に、物語の後ろに【キャラクター説明文】もつけるので、更に手間が増えます。

終了後の再チェック修正も当然やります。

こうして、文章だけでも結構な作業量になります。

それを3話分なので、2日じゃ終わらないなぁ~という感じですね。

続きます。
0

今後の作業予定001

それでは、【今後の作業予定】と題しまして、作業予定を書かせていただきます。

まず、しばらくは【クエスト・ガイド~冒険案内人】関係の作業が続くと思います。

4~6話の追加文章作業ですが、正直、明日明後日の作業では終わらないと思っています。

作業的には20ページのものを27ページあたりに引き延ばす作業なのですが、これがなかなかどうして、結構、面倒臭いのです。

うまぁ~く調節しないと多くなりすぎたり少なかったりするので、バランス取るのが大変なんです。

しかも元の20ページの文章から違和感持たない様に作り替えるので、結構、面倒臭いのです。

続きます。
0

さて……2

さて、もうちょっとだけ更新しましょうかね?

【今後の作業予定】として書かせていただきます。
0

後継作品の世界観構築005

続きです。

 殺人を犯していたのは町民達自身でした。
 殺人鬼と勘違いして、無実の姫を殺してしまったという町民達の罪悪感が、夜な夜な町民達に罰を与える様に殺していったのです。
 そして、それは町民達が全員死ぬまで――最後の一人が自殺するまで続きました。
 その後、旅の僧侶が魂を鎮めるまでその町は怨嗟の気が宿り、近づく者に不幸をまき散らしていましたが、その中にあって、【ナマクラ姫】だけは清い魂のままだったそうです。
 今は【ナマクラ姫】の大きな慰霊碑を守る様に町民達のお墓が並んでいるとの事です。
 ――という【物語】です。

 という所で今回は以上です。
0

後継作品の世界観構築004

続きです。

 町民達は、その殺人鬼達を役所に突き出し、殺人鬼達は処刑になりました。
 これで一安心――いいえ。
 町民達が殺されるというのは終わらなかったのです。
 その後も夜になる度に1人ずつ死んでいきます。
 何故なのでしょう?
 【ナマクラ姫】の祟り?
 いいえ、違います。
 殺人鬼達の呪い?
 いいえ、それも違います。

続きます。
0

後継作品の世界観構築003

続きです。

 町人達はお城に乗り込み、病気の【ナマクラ姫】を殺してしまいました。
 町の平和のため、これは仕方が無かったんだと誰もが納得していました。
 ところが、【ナマクラ姫】の死後も、町民達が殺されるという事件は後を絶ちませんでした。
 そうです。
 犯人は【ナマクラ姫】ではありませんでした。
 犯人は別にいたのです。
 犯行を行っていたのは、町外れに住み着いた一見、親切な夫婦でした。
 正体は別の町で大量殺人をしてきた殺人鬼でした。

続きます。
0

後継作品の世界観構築002

続きです。

 遺族は誰かのせいにしたかっただけかも知れません。
 そうして、殺された町民達の怒りは【ナマクラ姫】に向けられる事になったのです。
 丁度、町人が殺された時、【ナマクラ姫】は病の床に伏せっていたのですが、そんな事、町民には関係ありません。
 町民達にはそんな余裕は無かったのです。
 なぜならば、最初の犠牲者が出た後、夜が来る度にナマクラ刀で斬り殺される人間が次々に出てきたからです。
 犯人は見つからず、犠牲者だけが増える現実に耐えられなかったのです。

続きます。
0

後継作品の世界観構築001

それでは、【後継作品の世界観構築】の【フィーリア・レーギス・ゲミヌス編】第21回という事で考えて行きます。

前回までは、第一層の【物語】の説明として【ナマクラ姫】の物語の前編として書きました。

ちなみに【№16の扉】の物語になります。

今回はその続きから書いて行きます。

続きます。
0

さて……

さて、今回も【後継作品の世界観構築】を考えて行こうと思います。

今回は5回という事でお願いします。
0

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。

ただし、今日からこっそり作業として、【クエスト・ガイド~冒険案内人】の第四話のスター特典の写真集用のイラスト作業も開始します。

なんかちょっとやそっとじゃ終わらない感じがするので、こっそり作業からイラスト作業をやっていこうと思っています。

明日の予定ですが、こっそり作業はイラスト、正規の作業は【クエスト・ガイド~冒険案内人】の第四話から第六話の追加文章をドンドン作っていきます。

ただ、半日は番組を見る時間に充てたいと思っています。

そんな感じで日月とやっていきます。

火曜日はメタボの薬をもらうために病院に行きますので、休み明けの制作は木曜日を予定しています。
0

こんにちは。

こんにちは。

今日もやっぱりバイトでした。

いつも通りでしたね。

という訳でただいまです。

今日もよろしくお願いします。
0