後継作品の世界観構築005

続きです。

簡単に表現すれば、まともな部分では澄兼君が、変わった部分では踊詩が優れているという感じですね。

どちらも一長一短があるという事になります。

という所で今回は以上となります。
0

この記事へのコメント