後継作品の世界観構築003

続きです。

まぁそれでも出てきたのが【クエニーデ・クアンスティータ】という最有力の【クアンスティータの後継者】になります。

クエニーデは最初の時点では、別のキャラクターとして、本になっています。

本の中のキャラクターとして存在している状態で、その本を選ばれた特定の存在がやはり選ばれた特定の存在に読み聞かせる事で物語が進み、24話話して聞かせた状態で、第1本体が生まれるという事になっています。

続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント