姫野華玖耶と七つの悪夢(プレイバック)010

「姫野さ~ん、重そうだね、持つよ」
「あ、ありがとう……あの……」
「私は生島(いくしま)すずね、よろしくね」
「あ~ら、かぐや姫にゴキブリが寄って行ったわよ」
「ほんと、お似合いね~嫌われ者同士くっついたって訳ね」
「ご、ごめんね……私と一緒じゃ……」
「……いいの……生島さん、あの……仲良くしましょ……」
「うん……私の事はすずねって呼んで」
「じゃあ、私はかぐやで……私で良かったらお友達に……」
「うん……よろしく……」
 幸い、私が来る前に苛めのターゲットにされていたすずねと仲良くなる事で孤独という絶望からは逃れる事が出来たんだ。
彼女は他の女に私に対して陰湿ないじめをするように言われていたんだけど、決して、そういう真似はしなかった。

続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント