姫野華玖耶と七つの悪夢(プレイバック)013

「噂?」
「ゴッキー……生島とデキているっていう…」
「違う、違う、私は普通に男の子が好きだよ。すずねとは親友だと思っている。それだけだよ」
「そっか、なるほどな」
「そうそう、もう、嫌だなぁ――変な誤解しないでよ」
「悪い……姫野、男に興味無いんじゃないかって噂がさ」
「もう、取り消してよ、私は普通に男の子の事が好きです……って、何を言わせるのよ、恥ずかしいなぁもう」
「悪い、悪い、でも、姫野の事嫌いにならなくて良かったよ」
「嫌いって?」
「ひどいフラれかたされたら、嫌いになるかもじゃん?」
「そ、そう……なの?」
「でも、取り越し苦労だった……姫野はそんな奴じゃないもんな」
「そ、そうだよ……」
 男の子をフる時はいつも不安だった。
 いつか、嫌われてしまうんじゃないか……
 いつか、自分に危害を加えてくるんじゃないか……
 そう、思っていた……
 でも、そんな事よりも恐ろしいものが迫ってきていたんだよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント