姫野華玖耶と七つの悪夢(プレイバック)014

三 願い事



「どうしたの?すずね……蒼い顔して……」
「ど、どうしよう、かぐやちゃん……」
「落ち着いて、何があったの」
「校長先生の部屋にあった大きな花瓶……割ったの私だって事にされちゃってて……」
「どういう事?」
「私じゃない、私じゃないの……」
 すずねは泣きながら私に救いを求めてきた。
 私は何とかしないとと思っていた。
 大きな花瓶の時価は数百万円。

 とても、私やすずねの家で払える金額じゃなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント