この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

完全非公開作品と未発表作品の違い010

続きです。 ただし、この三十話ルールですが、小説の内容によっては多少前後する――前になるという事は無いと思いますが後ろにずれるという事はあると思います。 そんな感じで考えていますので、【完全非公開作品】は時が来たら発表するつもりでいる【未発表作品】とは区別しているという事なのです。 これくらいで良いですかね?

続きを読む

完全非公開作品と未発表作品の違い009

続きです。 例えば、先ほど出した【いっ素】というのが本当にあるんだと勘違いして、調べたけど出てこないという事が無いようにしたいという事ですね。 そのため、この【完全非公開作品】は第三十話までを通常の世界観設定をルールとして物語りを進め、第三十一話目から独自の世界観設定に作り替えるという方法をとろうと思っているので、発表したとしても【完全非公開作品】は第三十話までという事で考えています…

続きを読む

完全非公開作品と未発表作品の違い008

続きです。 また、それをうかつに発表してしまうとそれを本当の事としてとらえてしまう方が出てしまうかも知れないため、通常に発表するのではなく、ある程度プロテクトをかけておいて、これはこういう世界観で成り立っているものだという事を理解した上で読んで欲しいものだからですね。 続きます。

続きを読む

完全非公開作品と未発表作品の違い007

続きです。 まだまだいっぱいあるのですが、全部書くわけにもいかないので、これくらいにさせていただきますが、簡単に書けば、通常の物語では当たり前とされているものが当たり前じゃない世界観で描いて行きますので、想像力にあまり自信の無い方が見ると何を書いているのかさっぱりわからなくなる様な世界観、言ってみれば嘘八百で成立した世界観でやろうと思っているので通常の物語と区別しているという事になりますね…

続きを読む

完全非公開作品と未発表作品の違い006

続きです。 また、ある【男性】がある【女性】と一生(一巡)を添い遂げた後、次の一生(次の一巡)で別の【女性】と添い遂げるなどの考え方も存在します。 まだまだありますよ。 例えば136年12月に誕生した【女性】が、146年10月から156年1月まで存在しない事を選択して、10歳年下の【男性】と年齢を合わせるという事も通常に行われる事として考える事もあると思います。 続きます。

続きを読む

完全非公開作品と未発表作品の違い005

続きです。 人の一生を【一巡(いちじゅん)】として考えるというものです。 つまり、人は死んでから【一巡目】の人は【二巡目】の人生に生まれ変わるというものです。 例えば、【二巡目】の男性と【四巡目】の女性が恋をしたとしましょう。 その時は、【二巡目】の男性が6歳、【四巡目】の女性が89歳だったとしましょう。 この恋愛はこの人生では成立しにくいと考えて、【二巡目】の男性…

続きを読む

完全非公開作品と未発表作品の違い004

続きです。 魔法における4大元素【土】、【風】、【水】、【火】などについてもいじくる予定です。 他にも子供を作るのに必要な性別が【男】と【女】だけでなく、【めおす】という性別も作り、【男】と【女】、【男】と【めおす】、【女】と【めおす】の間で子供を作れるというものも考えますし、他にも【死】の定義もいじります。 【何巡目】という考え方が存在するという事になります。 続きます。

続きを読む

完全非公開作品と未発表作品の違い003

続きです。 例えば、元素の周期表です。 水素とかヘリウムとかのあれです。 【完全非公開作品】ではこのルールも変えようと思っています。 水素では無く、【いっ素】、【ファロル素】、【許諾次亜素】など聞いたこともないような元素などもドンドン出して行くつもりです。 続きます。

続きを読む

完全非公開作品と未発表作品の違い002

続きです。 ものすごく簡単に書けば、【超超超超超超】というものを【A】という表現で代入して使うという事になります。 ただ、それ以外にも理由がありますので、それについて今回書きましょう。 【完全非公開作品】のそれぞれ第31話目以降からになるのですが、通常使われる設定を壊して表現しようと思っているというのも【未発表作品】と分けている理由になりますね。 まぁ、それだけだとよくわ…

続きを読む

完全非公開作品と未発表作品の違い001

それでは、【完全非公開作品と未発表作品の違い】について書きます。 現在貯めている160話の内、【完全非公開作品】が3話、【未発表作品】が157話と分けて考えています。 それについて少し書きましょう。 簡単に書けば、今までの書き方だと難しい表現を使うのが【完全非公開作品】でそれを使わないのが【未発表作品】という事になります。 続きます。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、番組を見るのを優先させますので、もうちょっとだけ更新しましょうかね? タイトルは……【完全非公開作品と未発表作品の違い】で良いですかね? この違いについてもうちょっとだけ書かせていただきます。

続きを読む

ナイトメア(プレイバック)45

 尚緒は思った。  今までのは友加里の死のショックで一時的に鬱状態だったから、白昼夢でも見ていたんだ。  気のせい、気のせい……  そう、思った。  そう、思ったが…… 「助かったと思ったか……?」  すれ違った小男が一言発した。 「!?」  尚緒は振り向く。 続く。

続きを読む

ナイトメア(プレイバック)44

「尚緒ちゃん、大丈夫?まだ、無理しなくても……」 「大丈夫。遅れを取り戻さないと落第しちゃうし、私、今日から頑張って学校行ってみるわ」 「無理しないでね。学校に行く事より、尚緒ちゃんの身体の方が大事なんだから」 「わかってる。ありがとね、まま」  尚緒は再び、学校に行く事にした。 「おはよう、なっちゃん」 「おはよう、るーちゃん」 「もう、良いの?」 「うん。ゴメンね…

続きを読む

ナイトメア(プレイバック)43

 その事が尚緒の心を落ち着かせていった。  犯人は人間……  悪夢じゃない……  それが、その事が尚緒を安心させた。  少しずつだけど、不安が取れていく……。  その日は悪夢を見なかった。  それまで、毎日見ていたのにウソのように見なかった。  こんなにすっきりした朝は久しぶりだった。

続きを読む

ナイトメア(プレイバック)42

 精神的にかなり参っている様子だった。 「なっちゃん、前に上履き隠されたり、糊とか、クリーム体操服につけられていた事あったよね~。あれ、犯人わかったよ。用務員の長井(ながい)だったよ」 「うそよ!」 「それがね、ウソじゃないんだよ。不審者用の監視カメラにばっちり映ってたんだって」 「え?……」 「前にさ、なっちゃん、あいつの大事にしてた湯飲み、間違えて割っちゃったじゃん。あい…

続きを読む

ナイトメア(プレイバック)41

 その言葉を聞いて、母親はとりあえず、部屋に通すことにした。 「大分、まいっているから、あまり、刺激を与えないでね……」  母親は心配そうだった。 「大丈夫です。私達、尚緒ちゃんの悩みを解決に来たんです」  藍那はガッツポーズをとって見せた。 「やっほー、なっちゃん、元気ぃ?」 「こ、来ないで……」  部屋に入ると尚緒は怯えていた。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【ナイトメア(プレイバック)】の9日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが番組を見ます。 昨日までは三日連続制作優先させたので、今日からは番組優先にさせていただきます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りですね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む