ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)014

「恋愛成就の為なら靴底もなめ回すのがあっしの恋愛道でごぜぇます…」
「……す、すごいね……君……ある意味で……」
「そいつは俺っちに素質があるってことで?おでぇかんさま」
「……い、いや、そういう意味では……」
「上様にお仕えいたしたからにはこの身にかえても恋愛道を極めてやりやす」
「……なんとなく、君のデタラメな性格が解った気がしたよ……」
「なんと、デタラメにすげぇ才能があると?」
「ま、前向きなのは良い……のかな……?」
「これからは下僕と呼んでくだせぇ親分」
「い、いや、良いから……普通に太輔君って呼ばせてもらうよ」
「どこまでもついていきやすぜ旦那ぁ……」
「………」
 士郎はあっけにとられてしまった。
 ちょっとからかったつもりだったのだが、まさか、こんな事になるとは思ってもみなかったからだ。
 この時点で士郎の彼に対する評価は【てきとーな男】となった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント