こんにちは7

続きです。

賞を取る作家というのは審査員の好みに合った作品を出しているので、それがそのまま売れる作品とはならないそうです。

まぁ、この話が本当かどうかはともかく、僕としては合点がいったのは確かでしたね。

僕が作る作品って新しい要素が多いから、それが審査員にとっては受ける話じゃないと判断されるんだなと思いました。

それでよく落とされてたのかと勝手に納得しましたね。

続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント