ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)030

「……正直……あそこまで鈍いとは思って無かったわ……私の事、完全に男の子だと思っているし……」
「はは、バカで有名やからな、彼は……」
 大阪碧が軽く笑った。
 太輔がおかしいのは学校では有名だった。

「ホントに葵ちゃん、彼のこと……」
 姫路白衣の顔が曇る。
「仕方ないでしょ……好きになっちゃったんだから……」
 葵の顔が桜色に染まる。
 ずっと、告白はされて来たが、人を好きになるのはこれが始めてだからだ。
「でも、今だに信じられないな……あの緩川君が葵の命を助けた恩人だなんて……」
 熊本吉良がつぶやいた。

続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント