ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)056

「大丈夫っスよ。俺、今度は自信あるんスから」
「その根拠の無い自信は一体、何処から……」
「そうだ、仮面の皆さんに糸を返して貰わないと……いや、持ってて貰った方が良いのかな?使い方がどうもよく解らないんだよな、あれ」
「ちょっとは人の話、聞こうよ」
「問題ないっス、俺、早速、行ってくるっス」
「それより、わた……僕の姉さんにアタックしてみない?」
「先生のお姉さんは高嶺の花ってやつっスね。俺には手が届かないです、まだ」
「そんなこと言わないで、一度、挑戦してみようよ」
「先生、こんなことわざがあります……」
「何?」
「犬もあるけば棒にあたるっス」
「そ、それがどうしたの?」
「すなわち、犬もあるけば、棒に当たる、俺もあるけば恋に当たるって事っス」
「全然、使い方間違ってるからそれ!」
「じゃあ溺れるものは私もつかむっス」
「……ひょっとして溺れるものは藁をも掴むの間違いじゃ……」
「恋に溺れる俺は、女の子を掴むって事っスね」
「……誰かこのお馬鹿さんに何か言ってあげて……」
「じゃあ、先生、愛が俺を待ってますんで」
「誰か、その人を止めてぇ~」
 勢いをつけた愚か者は行ってしまう……

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント