ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)059

「あの……人違いされてません?」
 だった。

「人違いではないのですよ、マドモアゼルぅ……俺は……俺の魂は天に召されて……」
 太輔の言っている事は支離滅裂……めちゃくちゃだった。
「……天に召されたという事は亡くなったという事なんですけど……」
「あぁ、俺はなんて幸せ者なんだ……俺と君とは運命というしめ縄でチョウチョ結びで堅結び……あぁほどけない」
「……あの……聞いてます?」
「利いているさ。俺のダメージは今、致命傷……」
「……だめだ……この人……聞いてない……」
 太輔と松代嬢の会話は全くかみ合っていなかった。

 彼はテンパってたのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント