ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)062

 諦めてなかった。
 天才はなろうと思ってなれるものではないのだが……
 太輔は勘違い、暴走の天才と言えなくもない……
 そう思うのだった。

「言いにくいけど……太輔くん、……君は今、……フラれたんだよ……」
「……あぁ、水戸さんの事ですね……彼女の事はついさっき、忘れました……」
「水戸さんにじゃなくて、松代さんだっけ?彼女にも今……」
「松代さんはバカは嫌いと言ったンスよ。俺じゃない」
「君の事だと思うんだけど……」
「俺はバカじゃないっスよ」
「そ、そうなの……?」
「そうっス、俺が今日から目指すのは勉強の鬼っスから。むしろ、天才?」
 太輔は自信満々に言った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント