堪忍袋2

続きです。 医者の言うことだから? だったら、何で処方を間違えるんですか? 1種類しか出さずに僕がつっこんで処方し直したじゃないですか? ふざけてるんですか?と思いましたね。 もう、堪忍袋の緒が切れました。 次回は結果を聞きに行かないと行けないですが、その後は病院を変えようと思いました。 いい加減にしろ、何で、いきなり医療費が倍に増えるんだよ?って感じで…

続きを読む

堪忍袋1

今日の午後は病院に行って戻ってきました。 本日の医療費、診察代4260円、薬代6050円の合計10310円になりました。 たった1回の受診で一万円超えちゃいました。 ふざけんなと思いましたね。 ぼったくりぼったくりだとは思っていましたが、ここまでやるかという感じです。 何で、前回より2キロ痩せたのに薬を増やすかも知れないという言葉が出てくるんですかね? いらな…

続きを読む

追伸。

追伸。 午前中のバイトと午後の病院から戻って参りました。 ちょっと書きたいこともあるのでもう少し更新する事にしました。 改めましてよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、バイトなどにに行ってきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)095

「死ね、すぐ死ねこのヘンタイ!」 「あぁ……くっさー……全部、自分で嗅いで処理しろよ、このクズ」  とかさんざんな事を言われ、男子達に袋だたきにあっていた。  そう……太輔はおならはしていない……  したのは碧なのだから。  だけど、太輔は自ら汚名をかぶってくれたのだ。  そういう奴だったからこそ……彼の最終目標である葵と付き合わせたい……  そうずっと思って、葵の相談にも…

続きを読む

ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)094

 女子には割と気さくに話せる碧だが、小学校の頃のイジメが原因で彼女は男子と普通に話せない。  同年代の男子でまともに話せるのは正体を隠しているとは言え、本当に太輔くらいなのだ。  実は、碧が入学した時、緊張のあまり、人前でおならをしてしまったのだ。  周りの人間は一斉に碧を見た。  美少女のおならという事でみんな興味が湧いたからだ。  その時だった…… 「あ、悪い、こいちまったよ屁……

続きを読む

ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)093

 碧仮面は親友の士郎にも隠している事がある……  碧仮面は……いや、碧は太輔と恋愛関係になりたいという訳ではない……  訳ではないのだが、借りを返したいと思っていた。  そう、太輔には恩があるのだ。  それは、太輔にとっては小さい事かも知れない…  でも、碧にとっては大きな事……  その時、本当に助かったのだ……

続きを読む

ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)092

「じゃあ、千円ね」 「はいはい……千円ですね、今……お支払い……」 「ちょちょちょ……ちょい待ち……今、あんたからスカートめくったやん」 「そうよ、サービスしてあげたのよ。だから、お代をいただこうと思っただけじゃない……」 「ちょっと、待て!あんたには恥じらいってもんが……」 「……おかしなマスクをつけてるあなたに言われたくないけどね」 「これは……その……と、とにかく、こっちは真面…

続きを読む

ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)091

 太輔のペースに合わせているとちっとも話が進まない……  そう思う碧仮面だった。 「はよせぇ……年頃の女の子ってのは……そう言うのは……って何処、見てんねん……」  碧仮面が見た先にはスカートを自らめくり太輔に中をみせている女の子が映った。 「はぁい~元気でたぁ、坊や……」 「はぁい、出ましたぁ~お姉たま……」  そして、ハートマークを瞳に作って鼻の下を伸ばしている太輔のかなりみっと…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)】の19日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、午前中はバイト、午後は病院に行ってきます。 【ファーブラ・フィクタ編とはなんぞや?】の更新はお休みします。 明日帰ってから、また、33回分、更新する予定です。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 明後日も同様です。 ちょっと【ファーブラ・フィクタ編とはなんぞや?】の更新時間が結構かかるので、あまり番組を見れていませんが出来るだけ…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は午後からメタボの薬をもらうのと検査をしに病院に行く予定ですので、朝更新しようと思っていますのでよろしくお願いします。

続きを読む