ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)142

「な、……名前はなんて……」
「……小田原詩織(おだわらしおり)と申します……」
「お……俺とつきたいたいって……」
「はい……」
「ホント?マジ?いやったぁ~」
「……でも、これだけは言っておきます」
「はいはい、なんでございましょう」
 太輔はにやけすぎてだらしない程、頬が歪んで見える。
 逆に小田原嬢はどこか冷めた感じがする。
 本当に告白をしに来たのか?と疑いたくなるくらいだ。
「私……男なんて……だいっっっ嫌いです」
「はいはい、大嫌い……って……えぇっ?今、何て?」
「男なんて大っ嫌いと言いました」
「えぇ?でも、俺と付き合いたいって……俺、男だよ……」
「……はい、知ってます。吐き気がするくらいの男子ですよね、あなた……」
「吐き気って……あの……」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント