この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 余計な更新はせずに今日の更新は次がラストになります。

続きを読む

ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)205

 しばしの沈黙―― 「あ……あの……」  それに耐えられないのか太輔の声がもれる。 「……私……神学校に行こうと思ってます……」 「進学校?」 「いえ……神学校です。将来、神様の元に嫁ごうと思いまして……」 「え?結婚するんスか?」 「えぇ、神様と……」 「神様……教祖か何かと?」 「いいえ、神様とです」 「………」  太輔には理解出来なかった。  誤解したままだが、太輔…

続きを読む

ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)204

「好きですよ……私は好き嫌いありませんから……」 「す……好きです……か」  好きという言葉に興奮する太輔……  もちろんこれは【おかか】が好きと言っただけで、太輔の事を好きと言った訳ではない。  その言葉に意を決したのか…… 「あ……あの……岡山さんは……その……つ……付き合っている人とかいるんですか?」 「い……言ったぁ……」  士郎達にも緊張が走る。 「えぇ~何です、突然?…

続きを読む

ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)203

 だが、太輔の確信ほど当てにならないものはそう多くない……  彼はいつものように失恋の坂を転がり始めることになる。 「あの……お……おか……か」 「おかかですか?」 「い……いや、そのおかかは好きですか?」  思わず滑ってしまった太輔。 「もう……何やってるのよ……」  影で見ていた士郎達は気が気じゃない。  応援したい気持ちと上手く行って欲しくない気持ちがないまぜとなり…

続きを読む

ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)202

 やがて、その時が訪れる…… 「緩川様、どうされました?」 「あ……あの……お……岡山さん……」 「どうかなさいましたか?顔がちょっと怖いですよ」  笑顔で笑いかける岡山嬢。  嫌そうな顔をしていない。  いける……今度こそいける。  そう確信する太輔……

続きを読む

ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)201

 士郎達の方は……  意外と太輔と岡山嬢の仲が良く……  一喜一憂を繰り返し、いたずらに体力を消耗していった。  大介との勝負どころではなく……このまま、岡山嬢と恋人同士になってしまうのではないかと不安で仕方なかったのだ。  だが、あの太輔である。  相手側に裏があるのはいつもの事だった。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)】の41日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 なので、【越果(えっか)】の作業に入れるのは多分ですが、来週の火曜日に延びてしまうのではないかと思っています。 元々、年末年始にかけて作る予定でしたので、それはそれでかまわないのですが、ちょっとスタートが出遅れるという感じですね。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 作業としては地味なんですけどね。 でも手間暇がかかるんですよね。 【パニック・サバイバル(プレイバック)001】というのを作ってコピペして、それで番号を打ち変えていくのと、5回ごとに【さて……】の文章を入れる作業とその5回目の更新で【続く。】という言葉も入れるので、結構面倒臭いんですよね。 全くクリエイティブな作業ではないのですが、思ったよりも時間がかかるので…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 【ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)】が終わったら13日間、別の毎日更新をしますが、その後、2020年1月4日からの毎日更新のストックを用意しないといけませんので、その作業をしたいと思っています。 1月4日からは、【パニック・サバイバル(プレイバック)】を予定していますので、小説のストックはあるのですが、毎日更新用に分割してメモとしてとっておかないといけないので、その地味…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 まだまだ、番組を見なくてはなりませんので、今日も見ていきます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 【ファーブラ・フィクタ】のファーブラ・フィクタ編第001-01話のキャラクター説明文を作るのと時間があったら他の制作もします。 ただ、予定をしていた【越果(えっか)】の制作は後日に持ち越しですね。 それよりも先に毎…

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 今日は二カ所で働きましたね。 どちらも文句は無かったのですが、昨日の助っ人に行った所が感じ悪い責任者でその愚痴を言ったりしましたね。 難癖つけるなら初めから呼ばないでくれます?みたいな感じですね。 こっちも好きで助っ人に行っている訳じゃないので。 僕はあなた方のフォローに行っている事をお忘れじゃありませんか? …

続きを読む