パニック・サバイバル(プレイバック)063

 俺と佳桜は早速、全身に泥をかぶり、俺はポケットに、佳桜はスカートに泥をためてその沼地を離れた。

「ぐるるるるっるるるるるるっるるるる……」

佳桜「た、尊志君……」

尊志「大丈夫だ、俺を信じろ、泥を落とさず普通にしていれば奴は近づけない」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント