この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

パニック・サバイバル(プレイバック)030

佳桜「そうね……どこかで調達しないと」 大「それとゲーム通りなら、インビジブルクリーチャーには通れない場所もあるはずだ。そこを上手く通っていけば、ゴール出来るはず」 尊志「当然、安全なエリアにはインビジブルクリーチャーは入って来れないが、食料は危険なエリアにのみ用意されている……。囮か何かを用意しないといけない場合だってある……戦略を練って逃げないといけないんだ」 美竹「ねぇ……

続きを読む

パニック・サバイバル(プレイバック)029

小梅「水に浸かるの?やだな……」 尊志「ゴール地点にはシャワーとかあって暖まる事が出来るはずだ。だけど、水に浸かれば当然、体力も奪われる……。出来るだけ、ゴールに近い位置でやらないと悪戯に体力を削るだけだ。それに……食料の問題もある……」 佳桜「どういう事?」 尊志「ゲーム通りならゴール地点まで、最短でも三日かかるって事さ。それまで、飲まず食わずってのは辛すぎる……」

続きを読む

パニック・サバイバル(プレイバック)028

尊志「――そう。だから、プレイヤーはジグザグに逃げたり隠れたりして、インビジブルクリーチャーを巻かなければならない」 佳桜「……なるほど……」 尊志「直線で逃げても……逃げられた距離の三倍、ゴール地点までには距離がある。だから、どうしても作戦を練ってかわさなくてはならないんだ」 忠司「インビジブルクリーチャーは匂いで追ってこれる――だから、途中で湖とかを通って匂いを途切れさせないと…

続きを読む

パニック・サバイバル(プレイバック)027

佳桜「そうね……尊志君、チュートリアルステージでは何をすれば良いのか教えてくれる?このままじゃ何をしていいのかわからないし」 小梅「そうね……私も聞きたい」 尊志「あぁ……そうだな……あくまでもチュートリアルステージが【ブラッド・アース】の【脱出】ステージのままだったらの話だけど」 忠司「【脱出】ステージでも同じように先にプレイヤーが逃げて、後からインビジブルクリーチャーが追っ…

続きを読む

パニック・サバイバル(プレイバック)026

心理「それは、俺もそう思う」 松里「誰か裏で協力している奴がいるのよ、やっぱり……そうじゃなきゃ……あんな奴に」 美竹「私もそう思う……誰か解らないけど、協力している何者かが裏で糸を引いているのよ……きっとそう」 尊志「あいつを追い詰めるのはもっとステージが進んでからにしようぜ。たぶん、今のあいつと俺達には距離がありすぎる……傲慢な奴の事だ……油断して俺達のチャンスになる時は必…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【パニック・サバイバル(プレイバック)】の6日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、制作をします。 【第一王女の証(あかし)】は作りません。 これは後に回します。 まずは、一昨日、終わらなかった【越果(えっか)】の再チェック修正です。 それを今日中に終わらせたいと思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今日の続きの作業は日曜日になります。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 当然、ヒロインを取り戻す旅はそれなりにイベントを差し込みたいのですが、上手く書かないと入らない様な気がしています。 とまぁ、【読み切り小説】の話はこれくらいで良いですね。 バイトはいつも通りでした。 帰りに本屋さんよって【公募ガイド】などを買ってきました。 次の応募先を探すためですね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 とりあえず、事情があってヒロインが主人公の所から姿を消す部分まで書けましたけど、それから主人公がヒロインを追っかけるストーリーになりますが、その準備などで大体50ページくらいまで行っちゃうんじゃないかと思っているんですよね。 そうなるとヒロインを取り戻す旅には50ページしか使えないので、思ったよりも内容が入らない様な気がしてきたという訳です。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 【戦身(せんじん)】と呼ばれる巨大ロボットの事を書いているのですが、その説明とかでページ数が取られていますね。 普通の巨大ロボットと違う部分を描いて行くとどうしても文量が多くなってしまいますね。 主人公とヒロインを取り巻く環境なんかも書いたりするとどうしても結構書かないと行けないんですよね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 実は今日は早起きして、【第一王女の証(あかし)】を35ページ目まで書き進めました。 後、65ページですね。 最初は難しいと思っていましたが、ラブストーリーっぽく作れてきてはいますね。 ただ、問題が1つ。 感覚的に上手く入れ込まないと100ページで収まらない様になっていますね。 続きます。

続きを読む