背景実験

という訳で背景実験です。 番組を見ながらなので多少雑に作っていますが、背景だとこんな感じかな?と思って色鉛筆で作って見ました。 それをスキャナーで取り込んでからフォトショップで多少いじっていますね。 まぁ、何となくこんな感じかな?というのが出来たので満足です。

続きを読む

追伸。

追伸。 ちょっと番組を見ながら色鉛筆を使った背景実験をしましたのでそれを公開しようと思います。 組み合わせで、キャラクターイラストと合成して、やって見ようかな?と思って、背景だけ作りました。 次の更新で公開します。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ015

続きです。 【多様球(たようきゅう)】とはまっさらな【星】に【要素】をいくつか加えて、自分なりに【星】をカスタマイズすると言う事ですね。 本来であれば、ものすごく時間がかかる事ですが、【ビフォーアフターシステム】というものを利用する事であっという間に時間が経った【多様球】を見ることが出来るというものです。 どれだけ入るか見当もつかないですが、最低限これだけは入れたい所ですね。 …

続きを読む

ファーブラ・フィクタ014

続きです。 続いて、ソリイントゥス・ワールドでは、【動座席(どうざせき)ギャラリー】と【多様球(たようきゅう)】は最低限、入れたいと思っています。 【動座席】とは地球で表現すれば【自動車】や【自転車】に相当する乗り物ですね。 人間の足代わりとなる乗り物の事です。 【光車】は【電車】のイメージですので、それとは別のものになりますね。 これは動く椅子の様なものなのですが…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ013

続きです。 と言っても第001-02話は合計24ページなので、通過儀礼的な話を入れてしまうとあまり書けないと思っています。 でも、ルーミス・ワールドでは【影紋(えいもん)】と言う【影】に付けるアート(元々はミールクラーム・ワールドの芸術だけど、【宇宙世界】同士の交流でルーミス・ワールド風にアレンジされたものを見るという設定で使う予定)は最低限書こうと思っています。 後のイベント…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ012

続きです。 理由はこれは【クアンスティータ】の話だからです。 【クアンスティータ】の醍醐味としてはやっぱり【クアンスティータ】が動く度に新情報、新ルールが噴き出して出来上がるという事です。 これは、他の作品にはまず真似出来ない事であり、これこそが【ファーブラ・フィクタ】の真骨頂です。 なので、以前経験した事よりも新たな情報、イベントを重視して物語を進めて行きたいと思ってい…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ011

続きです。 逆にソリイントゥスのエリアで吟侍達が体験していない事は、【似面(じめん)】と呼ばれる【能】や【狂言】、【歌舞伎】等に近い芸術、【放牧の里(ほうぼくのさと)】と呼ばれるレア・クリーチャーを育てている場所、【禁存館(きんそんかん)】と呼ばれる存在自体が危ない【禁存(きんそん)】を封じている芸術的な場所とそれを解放して回る【解放者(かいほうしゃ)】達の存在、レマ・ワールドから譲り受け…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ010

続きです。 そこで、行っていない【宇宙世界】の主要なイベントを行っていないメンバーに軽く体験させる必要があります。 ルーミス・ワールドでカノン達メンバーが体験させたいイベントは、【レア・クリーチャー】、【特別主客(とくべつしゅかく)と解けないパズル】、【シチュエーション・プロリアル】の3つです。 ただ、【特別主客(とくべつしゅかく)と解けないパズル】という【宇宙世界】の創造、【…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ009

続きです。 まず、やらなきゃいけない事ですが、第二本体クアンスティータ・ルーミス復活のイベントです。 これだけは外せません。 次に、吟侍達ウェントス編を進んできたメンバーはルーミス・ワールドは冒険しましたが、ソリイントゥス・ワールドは冒険していません。 逆にカノン達アクア編を進んできたメンバーはソリイントゥスのエリアは冒険しましたが、ルーミス・ワールドは冒険していません。…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ008

続きです。 第001-02話でやろうとしている事はまず、何と言っても第二本体クアンスティータ・ルーミスの復活イベントですね。 第001-01話では本当に内容びっしりのギリギリの状態でしたが、第002-02話でもルーミス・ワールドとソリイントゥス・ワールドの2つを回らないといけないので決して余裕がある訳ではありません。 全部で24ページ分にしていますが、それでもそれぞれ12ページ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ007

続きです。 第001-09話 第6側体クアンスティータ・ククントゥス編、 第001-10話 第7側体クアンスティータ・イグスルナ編となっています。 という訳で、次に作るのは第001-02話は第2本体クアンスティータ・ルーミスと第2側体クアンスティータ・ソリイントゥスの話になると思います。 23名の大所帯でスタートした吟侍達パーティーは第五本体クアンスティータ・リステミュウ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ006

続きです。 第001-04話 第四本体クアンスティータ・ミールクラーム、第四側体クアンスティータ・レマ編、 第001-05、第001-06話 セレークトゥース・ワールドのやり残し編、 第001-07話 ルーミス・ワールドのやり残し編、 第001-08話 第5側体クアンスティータ・ウァウスクス編、 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ005

続きです。 という訳でここからが新しい話の内容になって行きますが、ファーブラ・フィクタ編の第001話のシリーズ全10話では以下の様なストーリーを予定しています。 第001-01話 第一本体クアンスティータ・セレークトゥース、第一側体クアンスティータ・トルムドア編、 第001-02話 第二本体クアンスティータ・ルーミス、第二側体クアンスティータ・ソリイントゥス編、 第001…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ004

続きです。 ファーブラ・フィクタ編では、第000話として、今までの復習が語られ、第001-01話までを作っている状態です。 アクア編とウェントス編の完結話で、ラスボス【クアンスティータ】は消えた状態でしたので、ファーブラ・フィクタ編第001-01話では第一本体クアンスティータ・セレークトゥースの復活とその従属側体第一側体クアンスティータ・トルムドアのトルムドア・ワールドを回る様なスト…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ003

続きです。 カノン・アナリーゼ・メロディアス第七王女が主人公の水の惑星アクア編、 芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)が主人公の風の惑星ウェントス編です。 これら6つのストーリーは全て完結しております。 ラスボス、クアンスティータの側体が出てきたアクア編と本体が出てきたウェントス編のみキャラクターが合流して、次の謎の惑星ファーブラ・フィクタ編がスタートしています。 続きま…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ002

続きです。 【ファーブラ・フィクタ】は現在、グランド・スタートでスタートしてグランド・スタート2を経由して、6つのストーリーに分岐しました。 それがキャリア・フロント・バックが主人公の光と闇の惑星ルーメン・テネブライ編、 タティー・クアスンが主人公のタティー・クアスン編、 芦柄 琴太(あしがら きんた)が主人公の土の惑星テララ編、 芦柄 導造(あしがら どうぞう)が…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ001

それでは、【ファーブラ・フィクタ】と題して、次に作る予定の話を書きたいと思いますが、結構、公開していない話があるんですよね、これ。 作っている僕自身は続き物として作っているから話はつながっていますが、皆さんにとっては話がかなり飛んでしまっている内容になります。 そこで、今までどんな感じに進んでいるかを軽く先に書いてから次の話について書こうと思います。 続きです。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、もう少し更新しましょうかね? 今回は【ファーブラ・フィクタ】について書こうと思います。 昨日は【格ワーの澪耶(れいや)】が10回から15回更新に伸びましたので今回も15回更新という事でよろしくお願いします。 タイトルは【ファーブラ・フィクタ】です。

続きを読む

パニック・サバイバル(プレイバック)115

 五番手の美竹はリロードをしないで悪魔と戦う。  一応、悪魔の出る黒い部屋には入れたが、気持ちで負けている。  このゲームでは気持ちで負けてしまっていては、命にもかかわる。  泥水をすすってでも生き延びてやるって気持ちが無いと即、死につながる。 悪魔「ぎゃぎゃぎゃぎゃ…」 美竹「く、くるな、来るなってばぁ……」 続く。

続きを読む

パニック・サバイバル(プレイバック)114

 が、そうも言っていられない。  このゲームに待ち時間はそれほど用意されていない。  次々に次のプレイヤーと交代して行かないといけないのだ。 美竹「いや……いやよ」  嫌がる美竹だったが、流れを途切れさせたら俺達の負けが決まってしまう。  心を鬼にして、彼女を戦場に追いやった。

続きを読む

パニック・サバイバル(プレイバック)113

 逃げている内に躓き、危うくやられるところで、思わず、トリガーを引いてしまい、発射されてしまった弾丸にたまたま、馬の下半身が通りかかり、ヒットした。  下半身がやられると上半身もやられた事になった。  運も実力の内とは言うが、何とか助かった。  一回目の俺の出番では、何とか倒す事が出来たって訳だ。  情けない話だが、安心したら俺は腰が抜けそうになった。

続きを読む

パニック・サバイバル(プレイバック)112

 天使が襲いかかってきた。  それも天使の上半身と馬の下半身が分離してのコンビプレイだった。  俺はなんとか初撃を交わせたが、次の連続攻撃では肩を脱臼しかけた。  こんなの反則だ。  馬の胴体の方にも翼がついていたのは分離するためだったのか。  連係攻撃に、俺は防戦一方だった。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【パニック・サバイバル(プレイバック)】の23日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 午後はちょっと【格ワーの澪耶(れいや)】のメモを取ろうと思っています。 【第一王女の証(あかし)】の再々チェック(2回目)修正は来週ですね。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 火曜日は午後から外出しますので朝更新になると思います。 制作の再開は木曜日を予定しています。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は5時半起きでしたね。 ちょっと遅めの起床でした。 4時半くらいかな?と思って時計みたら5時半でしたね。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む