この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)035

 アドルフさんが呼んだのは一族最強の呼び声も高い、次男、アルバートさんだ。  彼なら、真祖を倒せるのでは無いかという期待もされている。  シャーロットと彼とでは才能という点では天と地ほどの開きがあると言われている。  彼とまともに戦えるのは一族の中ではクレアちゃんただ一人っていう話だ。  ――と言っても実際、シャーロットとアドルフさん以外には会った事ないので、メイドさん達のうわさ話で…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)034

「見違えたな――三ヶ月前とはまるで別人だ」  アドルフさんが褒めてくれた。  彼に参戦を認めてもらおうと彼女と二人でお願いに来ていた。 「アドルフさん――僕からもお願いします。彼女の参戦を認めてあげて下さい。僕も協力します」 「それとこれとは話が別じゃ。君もシャーロットも真祖共の恐ろしさを知らぬ。我が一族で、真祖を倒した者はいまだかつて誰一人おらんのだ。フレデリック達でも勝てるかどうか解…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)033

 そして、三ヶ月――  その月日はあっという間に経ち、僕は彼女の剣として成長する事が出来た。  何とかなった力は【錬想】だけ。  だけど、この力があれば、僕は彼女の剣となれ、盾となれる。  僕と彼女は二人で一人前なのだから。  共に戦って行こうと思っている。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)032

 彼女の力になりたい――そう、思っているからだ。  僕は彼女の虜になっているみたいだった。  そして、第二の人生を与えてくれた彼女に恩返しがしたい。  この痛みの先にはそれが出来ると思うと、不思議と力が沸いてきた。  次から次へと課される試練にも僕は耐えきる事が出来た。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)031

 簡単には強さは手に入らないという事だ。  その超激痛に耐えながら彼女のイメージを受け取るという修行は想像を絶するものだった。  何で僕がこんな目に――  そうも思ったけど、彼女に僕が全てだと言われた事がまるで媚薬のように僕の背中を押し、痛みに耐える気力を与えてくれた。  痛みに耐えかねて死のうと思えば死ねる。  いつでも舌をかみ切れば、窒息死することが出来る。  だけど、彼女の…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の7日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 昨日制作をしたので、今日は番組ですね。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今週は土曜日も休みですので、土曜日にまた半日くらい制作をしたいと思っています。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 昨日は追悼番組を見ようと思っていたので、制作は早めに切り上げましたが、それでもメモを取っていたのでサクサク進み、【格ワーの澪耶(れいや)】は20ページ目まで書き上げました。 このペースでやれば、多分、平日だと30ページくらいは進むのではないかと思っています。 メモとって無かった場合だと進んでも10ページ程度だと思いますので、ペース的には無茶苦茶早く出来そうですね。 …

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 バイト先の人が昔、八時だよ全員集合の公開収録に行った事があると聞いて、凄いなぁ~と思いました。 後は志村けんさんの追悼番組の話になりましたね。 続きます。

続きを読む