この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 時間が惜しいので余計な更新はせずに、次の更新が今日のラスト更新になります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)045

「最後だ、この四体を相手にどう戦うか見せてもらおうか」  そう叫ぶアルバートさんは四体の怪物を作り出した。  どれも見たことのない姿をしている。  どんな攻撃をするのか解らない。  僕とシャーロットは二人で一つだ。  だから連携が命でもある。  では、僕らより多い数を相手にどういった連携を見せるか?  それを見るためのテストなのだろう。  だから、僕らの倍、四体の怪物を出したのだ…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)044

 実力が伴わない分、彼女は工夫をする事で、その力不足を補ってきた。  だから、頭脳戦は得意だった。  七つの超難問をいとも容易く解き、最後の関門である出口の謎もあっさりと見抜いた。  出口は外側ではなく、迷路の中心にあった。  空気の流れを利用して、見事にゴールまでたどり着いた。  見た目に惑わされないという事を試す為の試験でもあったのだ。  僕らは半分の時間の三十分足らずで迷路を突…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)043

「次はこれだよ」 「こ、これは」  アルバートさんが作り出したのはミニチュアの立体迷路だった。  そして、同時に僕とシャーロットの身体を小さく変え、迷路の中に僕らを送り込んだ。 「制限時間は一時間。その迷路から抜け出さないと身体が元に戻り、小さな迷路の中で圧死するよ」 「望む所です。行くぞ、倉沢」 「うん」  これは彼女の得意分野だった。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)042

 何度も何度も挑戦し、その度にはたき落とされていく僕らだったけど、ろうそくが後、一センチとなった時、何とかろうそくの炎を一つ消すことが出来た。  【錬想】によって、作り出した粉塵に火花を与えて粉塵爆発させ、その風圧で一つ消したんだ。  アルバートさんは咄嗟にガードしたけど、一つだけ見落としがあったのか、それを消すことに成功した。  いや、彼の表情からすると彼のミスではなく、オマケで消させて…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)041

 考えてみれば、凄いと思う。  彼は、逆さまに立ち、かつ、ろうそくを五十本、逆さまにともして、僕らを撃退しているのだから。  分身も作り出したりもするし、イメージの具現化は本当に僕らなんかのものとはレベルが違うと言った感じだった。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の9日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、引き続き午前中は制作をします。 【格ワーの澪耶(れいや)】の文字入力をします。 50ページ目標から70ページ目標に変更いたします。 頑張って後、30ページ書きたいと思います。 やっぱり事前にメモを取っていると入力がサクサク進みますね。 思っていたよりもずっと早く終わりそうですね。 明日の予定ですが、午前中は番組を見て、午後は制作をします。 …

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝、四時から起きています。 今日はバイトはお休みです。 朝から制作をしていました。 現在、【読み切り小説】の【格ワーの澪耶(れいや)】の文字入力をしていて、今のところ40ページ目まで書き進めています。 今日の目標は50ページ目までだったのですが、このペースなら、頑張れば午前中に70ページ目までいけるかも知れませんね。 という訳でおは…

続きを読む