この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)055

「そうだ。彼は少々堅物でな。私やクレアの様な女の身での参戦を快く思っておらん。アルバート兄さんだったから、私達の参戦も認められたが、フレデリック兄さんだったなら有無を言わさず却下という事になっていたかも知れん」 「そうなの?」  フレデリックさんは怖そうな人なのかな?  そう、思った。 「次に、弟のリチャードだが」 「三男の人だね」 「そうだ。あやつは極度のシスコンでな、妹のクレアの…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)054

「じゃあ、シャーロットの家族の事、聞きたいな。僕には家族がいなくなっちゃったから、その……エヴァーロード家の人達の事、家族と思っても良いかな?」 「おぉ、かまわんぞ。そうだな――誰から聞きたい?」 「アドルフさんとアルバートさんには会ったけど、それ以外の人には会ってないからまず、その人達の事を聞きたいな」 「なるほど――家族なのに、それが何者なのか知らないというのも問題だな。よし、話してき…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)053

 あわただしいまま、一日目の復学が終わり、帰りの車の中で、僕とシャーロットは学校の楽しい事等を話した。 「ふむ、学生生活というのもなかなかに楽しいものだな」 「そうだね」 「なんだ、お前はあまり楽しそうではないな?」 「まぁね、僕の事、誰も覚えていなかったのがちょっと……」 「お前は以前と大分変わってしまったからな、覚えていろという方が難しいかもしれん。私は覚えていたぞ。それでは不満か…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)052

 友人らしい友人は少ないと言っていたシャーロットだけど、美人で、基本的には親切な彼女と友達になりたいと思う生徒は意外に多く、すぐに人に囲まれた。  僕もシャーロットのオマケという形ではあるものの、その輪の中に入れた。  どうやら、僕の立場は彼女の恋人というよりは彼女の家の従者か何かと思われたらしい。  悲しい事だけど、入院前の僕の事を覚えている人間は見あたらなかった。  修行によって顔つ…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)051

 第二章 参戦前の一時  僕らは、一月半後に、真祖を追って、旅にでる。  でも、その前に思い出を作ろうと準備が整うまで学校に通うことにした。  学校なんて、諦めていたのに、まさか、また、通えるようになるとは夢にも思っていなかった。  僕は退学扱いになっていたけど、エヴァーロード家の力で、復学する事が出来た。  復学と言っても一月半後にはまた、学校を去る事になるんだけど、…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の11日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 【格ワーの澪耶(れいや)】の再チェック修正をします。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 もう1つ、【稀義(まれよし)編】については時間が無くて、話せませんでしたね。 ですが、この【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】は【ファーブラ・フィクタシリーズ】の最高レベルの話になりますとは伝えましたね。 聞いた人は、あ、そうなんですか?と言ってましたね。 後は【読み切り小説】の【格ワーの澪耶(れいや)】の文字入力が100ページまで行ったことを伝えましたね…

続きを読む

こんにちは7

続きです。 そんな時カップルに決闘を申し込まれますが、【十手】は謝ります。 平謝りです。 町の人達はかっこ悪いという目で見ますが、因縁を付けてきたカップルの方にも問題があり、ヒロインはその一方的な申し出に納得出来ずに文句を言おうとします。 ですが、【十手】は自分が悪いからと言って殴られても蹴られてもただひたすら謝りました。 きっかけは【十手】の親切心からくる誤解だっ…

続きを読む

こんにちは6

続きです。 ヒロインは【パーフェクト11】の中の1人です。 身分を隠して男の子として【十手】に接します。 最初は珍しい男が居ると思って見に来ただけですが、【十手】のまっすぐな行動に惹かれ始めます。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 また、もう1つの【十手編】は、恋愛物ですね。 【十手】が【パーフェクト11】の1人に一目惚れします。 彼は身分違いでも、自分の気持ちに正直で、告白しようと考えています。 それを町の人達には笑われているのですが、それを見たのがヒロインです。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 後は、ヒロインが【偽トゥエルブ】の許婚で、【偽トゥエルブ】から捨てられるのですが、自分の気持ちを表現出来ないヒロインに対して、【獣僧】はきつい一言を言います。 その言葉で、ヒロインが【獣僧】の元に行く決心をするのですがその辺りをドラマチックに表現しようと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 【にーに】とは【パーフェクト11】の上に【10】の存在が居て、それを足すと、【10+11】で【21】、その次の存在なので【22】で【にーに】と言う意味ですね。 その辺りのやりとりを第1話ではやろうと思っています。 せっかく出来た家族を奪われた【獣僧】と【にーに】と呼ばれる事を嫌う【偽トゥエルブ】。 この二名の憎しみあいを表現しようと思っています。 続きま…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 【獣僧編】は復讐劇であり、無名だった【名無し】は【トゥエルブ】と言う青年と出会い、【獣僧】という名前と家族を得ます。 ところが【トゥエルブ】と言う名前を手に入れるために【トゥエルブ】を殺しに来た者が居ました。 それが【偽トゥエルブ】です。 この男は【パーフェクト11】に継ぐ【12番目】の存在と言うのを誇示する男で【獣僧】に【にーに】と呼ばれるのを嫌います。 …

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトでした。 いつも通りですね。 今日は【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】の話をしてきましたね。 【獣僧(じゅうぞう)編】と【十手(じって)編】の第一話の構想を話しましたね。 続きます。

続きを読む