この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 時間が惜しいので今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)060

 悲しかった。  これが、エヴァーロード家に与えられた業なのかと思った。  エヴァーロード家と関わると不幸になるかも知れない。  だったら、何も知らない他人でいる方が安全だからだ。  シャーロットが前に悲しい顔で言っていた友達だと思っていないかも知れないと言うのはこの事だったのかもしれない。 続く。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)059

 そんなこんなで過ごして来たけど、一ヶ月半という時間はあっという間に過ぎ去った。  僕は思い残す事が無いようにシャーロットと思いつくだけの楽しい学生生活ってやつを堪能した。  新しく友達も出来、これからだという所で――  出発の時間が来た。  出発の前の日、せっかく仲良くなった友達の記憶を消して回った。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)058

「うむ、以上で私の家族全員だ。母は既にいない。それと、父のアドルフの事だが…私達の年齢に対し、老けているとは思わぬか?」 「そう言えば、少し――シャーロットのお父さんだったら、もう少し、若くても」 「実は、父はああ見えて四百歳なのだ」 「へぇ……四百さ……って、えー、四百歳?」 「そうだ。父は長い時を生きて来られた。一応、私は長女という事になっているが、私は百六番目の子供だ。姉に当たる人…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)057

「なるほど」 「【レス】には元々、七番目の真祖がいるとされている。【レス】の名前の元になった【ネームレス】という真祖がな。その真祖の眷属がいるとすれば、それは我々の秘術の殆どが利かないとされている。利くとすれば、【錬想】か七色目の鎮魂歌だけとされている。【セブン カラーズ オブ レクイエム】はその【ネームレス】も含めた七名の真祖の属性全てに効果を与えられる」 「シャーロットはそれ使えないの?…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)056

「へぇ……」 「もし、私の立場が、クレアと同じだったならば、倉沢、お前は暗殺されていたかも知れんぞ」 「こ、怖い事言わないでよ」 「本当の事だから仕方ない。で、妹のクレアだ」 「一番下の妹さんだね」 「あぁ、そうだ。だが、実力はアルバート兄さんに匹敵する。一族最強はアルバート兄さんだが、【レス】が最も恐れているのはこのクレアだろうな」 「なんで?」 「彼女は【セブン カラーズ オブ…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の12日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 【13不吉と百遺体物語】の文字入力が終わったら、これも再チェック修正をします。 その後で【格ワーの澪耶(れいや)】と【13不吉と百遺体物語】の再々チェック修正をやります。 それが終わってから応募準備に入ります。 早ければ今月中に出来そうですね。 このペースなら。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、制作をします。 【読み切り小説】の【格ワーの澪耶(れいや)】の再チェック修正をします。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 次の制作は木曜日を予定しています。 今日の再チェック修正が終わったら、木曜日からは【13不吉と百遺体物語】の文字入力に入ろうと思っています。 これもメモを取っているのでかなり早く終わる可能性が高いですね。 …

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りですね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む