エヴァーロード家の宿年(プレイバック)190

 第九章 デイヴィッドの眷属との戦い




 僕らは中国も離れ、インドに来ていた。
 今まで、訪れた土地を楽しむ余裕も無かったから、今度こそはと思って、インドの町並みを見学し、楽しんだ。
 インドの食文化にも触れた。
 正直、せっかくのインド料理も僕らは邪法によって出来た身体となってしまっていて、味覚もどこかおかしいのかあまり美味しく感じなかった。
 だけど、インドの人達の生活にも触れ、親しくなった子供も出来た。
 とは言え、去るときはやはり記憶を消して行かなくてはならなかったけれど。
 名残惜しさを少し残しつつ、その後、僕らはタール砂漠を目指した。


続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント