この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)210

 だけど、それなりに実績を残してきているこれからは敵も僕らに対しても警戒するだろう。  これまでの様に上手く行くという保証は全然ないんだ。  いけない――  また、暗い気持ちになる。  生きているのも辛かったあの頃じゃないんだ。  僕らは人間として存在を証明するために、戦っているんだ。  勝ち続けている間は僕らはその価値を認めてもらえるんだ。  認めてもらえる?  誰…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)209

 【風】は倒せなかったけど、少なくとも【火】は倒せた。  それだけでも良しという事にした。  だけど、まだ、僕らは【特別眷属】とまともに渡り合える力を得ているのか自信がなかった。  敵が油断している間に、一気に攻め立てるというやり方でしか勝利を得ていないからだ。  まともにぶつかれば、少なくとも苦戦はするという事は何となく解っていた。  今までは、僕らはノーマークだったから敵も油断…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)208

 手負いとなった【風】は戦線を離脱しようと試みる。  僕らは追った。  トドメを刺すために。  トドメを刺さない限り、奴らはいつか僕らに逆襲してくる。  だから、力の限り追った。  結果は残念ながら、タイムアップ。  伏兵の【楽】が現れ、【風】に加勢してきたからだ。  顔は知らなかったけど、顔もデイヴィッド似だったし、こいつが【楽】というのは何となくわかった。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)207

 僕は出し惜しみはしない。  前もって【錬想】で作ってあった【百万武器】、それを砂の中から一斉に引き出す。  そして、シャーロットが作り出した【磁気嵐】で【百万武器】を【火】めがけて飛ばしてもらう。  僕とシャーロットのツープラトンアタックだ。  百万種類の武器が一斉に【火】めがけて飛んでいく。  炎で焼き落とそうとしていたようだけど、百万もある武器を早々全部、焼き切れる訳はない。 …

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)206

 スタッフは危険だから、既に退避してもらっている。  つまり、残っているのは二対二、僕とシャーロット対【火】と【風】だ。  この形にするのが、僕らの最初の狙いだ。  それは見事に成功した。  後は、二人で、奴らを倒すだけだ。  デイヴィッドの他の眷属が来る前に倒してしまわないといけない。  だから、戦いを楽しんでいる余裕はない。  とっとと、決着をつけるだけだ。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の42日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト午後は番組を見ます。 制作は日曜日にする予定です。 【読み切り小説】の【格ワーの澪耶(れいや)】の再々チェック修正をする予定です。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日からまたバイトでした。 いつも通りですね。 今日はいつもの人に連休を使って【私は誰とも付き合わない】のメモを60数ページ分書いたと伝えましたね。 戦国時代として独自のルールを作った事などを話しましたね。 例えば、【婚礼決戦】とかですね。 これは勝った方が相手を引き取れるというもので、その説明をしていたら、時間になってしまいましたね。 今…

続きを読む