この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)245

 彼には、感謝こそすれ、悪いとは思っていないと答えた。  彼らの協力無くしてジュリアスの刺客は倒せなかった。  とにかく、感謝あるのみだ。  そして、僕らはそのまま、しばらくフランスに滞在する事になった。  クレアちゃんは相変わらず見つからない。  リチャード君も心配しているし、早く見つけて保護しないと。 続く。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)244

 諦めちゃダメだったんだ。  諦めたらそこで終わる。  諦めず、次につないで勝機を得る。  それが、正しい僕らの戦い方なんだ。  後で、怒鳴った人が―― 「すまなかったな、怒鳴ってしまって」  と謝ってきた。  その人の名前はクロスセンテンス家のフィリップさんと言っていた。  名前を覚えておこうと思った。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)243

 残ったスフィアとも激闘の末、倒した。  こちらは両足を失った人が一人、  腕を折った人が二人、  右目が失明した人が一人だ。  だけど、誰も死んでない。  勝った。  勝ったんだ。  ダメかと思ったけど、勝てたんだ。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)242

 さすがに、二発も食らったため、何とか、クォドラングルを倒すことは成功した。  だけど、まだ、スフィアがいる。  怖じ気づく、僕らにさっき怒鳴った人が―― 「よくやった。後は任せろ、ロックスクランブルの準備だ」  と言った。  続けて―― 「こっちは、圧縮レーザーの用意だ」 「負けるなマシンジュピターを出せ」  等の声が飛び交う。  それぞれの家系の秘密兵器を出してきたのだ…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)241

 その時―― 「しっかりしろ!敵はまだ、生きて居るんだ」  という言葉が耳に入った。  名前もまだ聞いていない他の家系の人だった。 「あ、はい!」  僕らは慌てて返事をして、本日、二発目の【レインボーオーロラカーテン】の準備をして続けざまに放った。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の49日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、制作をします。 【クエスト・ガイド~冒険案内人】の第九話から第十一話の表紙と挿絵のイラストを描こうと思います。 多分、今日だけだと終わらない可能性が高いので、続きは、土曜日にしようと思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今日の制作の続きは土曜日にする予定です。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 出版業界に居る人ならそんなバカな行動を取るとは思えないんですけどね。 という訳で、僕とは意見が異なりますね。 まぁ、作品を作っていたら、そう言う事を言う人も出てくると言うことですかね? それはそれで参考程度に聞き流そうと思いました。 と言うような話などをしてきました。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 出版界のこれからを考えれば特定の人に書かせるのではなく、書く力のある人に書かせるのが一番だと思いますけどね。 アイディア取られたい放題だったら、書く力がある人がやる気を無くして、結局、出版界の衰退につながると思うんですけどね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 その人の持論では、アイディアがあっても取られて使われるのでやめておいた方が無難だと言うことらしいのですが、夢がありませんよねぇ。 それだと。 僕の持論では、アイディアを取ったとしてもその人の実力じゃないから、続編なんかつくれっこないですし、作れたとしても駄作になると思うんですよね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りですね。 今日はある人にアイディアはパクられているから諦めろと言われました。 編集者って言うのはそう言うのが得意なんだからさとも言われましたね。 なんて嫌な事を言うんだこの人は?と思いました。 続きます。

続きを読む