この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し(プレイバック)020

「おいおい、マリスはあんたのことかってんだぜ。知ってるだろ、魔女神に魔女神は殺せない――殺すには魔女神の使徒にやってもらうしかない。だからこそ、魔女神は優秀な使徒を求めている。あんたは評価されたんだ。主である魔女神に喰ってかかるその姿勢がな。どうだ、一口乗らねぇか。一緒に茶色の魔女神に仕えてみねぇか?マリスがオーケー出せば、マリスと寝ることだってできる。最高だろ?」 「――気が変わった」 「…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し(プレイバック)019

 ――そう言ったのだ。 「誰だ、お前?……サムじゃねぇな」  リグレットはサムに対して思っていた違和感がはっきりと別人のものだと確信した。 「何言ってんだよリグレット、何処からどう見てもサム本人じゃねぇか。忘れたのか親友の顔を」 「顔や、口調なんかは真似られても言動がまるで違う。サムは間違っても、そんな事言う奴じゃない。そんな三文芝居で騙されるか」 「おいおい、これは確かにサムなんだよ…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し(プレイバック)018

 立ちつくして考えていると 「おい、待てって」  サムが追いかけてきた。  彼はあくまでもリグレットを魔女神への憂さ晴らしに誘うつもりらしい。 「俺は、紫の魔女神以外に興味はない」 「だけどよぉ、お前、紫の魔女神の加護を得たままじゃ紫の魔女神は倒せないぜ」 「そんなことは解ってる」 「わかってねぇよ、まぁ、聞けって――桃色の魔女神をぶっ殺すのには訳があるんだよ」 「訳?」 「そ…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し(プレイバック)017

「愛するリグレット──気持ちが変わったらいつでも私を呼んでね。あなたを愛している。一緒に人を殺しましょう」  その言葉を残し、消えていった。  後には愛憎入り交じった気持ちのリグレットだけが残され、生け贄の遺体は全て塵となって消えた。  こうして、リグレットは紫の魔女神の加護を得ながら彼女を殺すための人生を選択した。  目の敵は紫の魔女神──  茶色や桃色の魔女神に用などない。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し(プレイバック)016

「あぁ、リグレット……愛しているのに……何故?、何故わかってくれないの……」  アエリスの頬を涙が伝う。  自分に対する憎しみを向ける男に歪んだ愛の気持ちを告白する。  このままではリグレットが死んでしまうと考えたアエリスは彼を残し、その場を立ち去る事を選んだ。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【フィアエリスと魔女神殺し(プレイバック)】の4日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、バイトはお休みですが、午前中は番組を見て、午後は所用で外出します。 なので、制作は日曜日になると思います。 制作は【クエスト・ガイド~冒険案内人】の第九話の追加文章作業の続きをしたいと思います。

続きを読む

こんにちは13

続きです。 これは、【エスカレーター】の様になっている【道】を進んでいくと、運命が切り替わるというものですが、これはこれくらいにしておきましょうかね? というアイディアを考えたのですが、ローテーション作業の弊害か、あんまりアイディアが浮かんで来なくなった様な気がしますね。 1回思考が停止されるので、思い出すのに思考力を使って、新しいアイディアが出にくくなっている様な気がしますね…

続きを読む

こんにちは12

続きです。 これはやりようによっては実際にゲームとしても成り立つ事になりますね。 これも他にもあるのですが、あんまり詳しく書くとネタばらしになってしまいますので、以上にさせていただきます。 後は、【運命ロード】ですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 この様にして、他の者が追い出されるまで部屋に居たら商品を貰えるというゲームですね。 椅子取りゲームの様なゲームでありながら、じゃんけんの要素も持っているという特殊なゲームになりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 例えば、座ったら駄目と言うルールがあれば、座った時点で、座った者は部屋から追い出される事になります。 部屋に居る者はどんなルールがあるかわからないから身動きが取れません。 でも、止まったら駄目と言うルールに変更になるかも知れませんので、止まっている事も得策ではありません。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 次は【ルールーム】ですね。 これは、条件を変えた【椅子取りゲーム】の様なものですね。 例えば、部屋に何名か居るのですが、ルール違反をした者は部屋から追い出されます。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 これはむき出しの【コア】が自動で移動している状態で、相手の【コア】を自分の【コア】が破壊されるより前に【トラップ】にかけてハントするというゲームの事を指します。 これも詳しく書きませんのでこれくらいにします。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 それに【火属性】を元々持っていなかったとしても使える様になるという【魚】でもあります。 それ以外にも細かい説明があるのですが、全部書く訳には行かないのでこれくらいにします。 次は【コア・トラップ・ハント】ですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 まぁ、詳しく書く事はしませんが、例えば、元々【火属性】が150ポイントの力が合ったとして、【火属性】の【能効魚】を3匹釣ったとして、それが、10、15、20ポイントの【魚】だった場合、釣った者は150+10+15+20で195ポイントの力が出せる様になると言うものですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 まず、【能効魚(のうこうぎょ)】とは、簡単に表現すればステータスを釣ると言うことになりますね。 あんまり詳しく書いたら本番の時にしらけると思いますので簡単に書きますが、例えば、【火属性】の【能効魚】を釣ったら【火属性】がアップすると言う【魚】になりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 それ以外にも【運命ロード】なんかも考えました。 これだけあれば24ページ分にはなると思いましたね。 まぁ、ファーブラ・フィクタ編はネットで発表するまでかなり遅くなりそうですので、どういうネタかちょこっとだけ書いておきましょうかね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 フィッシングでは【能効魚(のうこうぎょ)】フィッシング、 ハンティングでは【コア・トラップ・ハント】、 ルール(規則)では【ルールーム】、 なんかを考えましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 ウァウスクス編はまだ、後3話作らないといけないんですけどね。 セレークトゥース・ワールド再挑戦編1と2、ルーミス・ワールド再挑戦編が先になるのですが、ウァウスクス編はアクア編の第6話のシリーズで一度作っていますので、ちょっと考えてみた次第ですね。 ウァウスクス・ワールドのテーマはフィッシングとハンティングとルール(規則)になりますので、それに合わせたネタを考えました…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 帰ってからちょっと所用がありまして、遅くなりました。 バイトの休み時間では久しぶりに【ファーブラ・フィクタ】のアイディアを考えましたね。 まだ、先の話になるのですが、ファーブラ・フィクタ編第001-08話の第五側体クアンスティータ・ウァウスクス編のネタになりますね。 続きます。

続きを読む