僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)044

「どこにでも腐った根性の持ち主っていうのはいるんですね」
 花梨は呆れ顔でつぶやいた。
「何とでも言えよ。友達のいないお前はこのままリタイアだ」
「勝ち上がる事を約束した友達はちゃんといます。それに、そんな掃き溜めの様な人間関係の友達など居ない方が遙かにましですよ」
「抜かせ、やれ」
 クリスチーヌの合図と共に一斉に襲いかかる刺客。
 ――が、神術、雷呪縛により、電気ショックが刺客達を襲い、動きが止まる。
「ぐ、が……」
「な、何した……?」
 刺客達は何が起きたのか解らない。
「覚えておいて下さい。ズルする人間は所詮、そこまでの人間だって事を。本当に上を目指す人間の足元にも及ばないという事を」
 三十人の刺客にも花梨は一歩も引かない。
 来るなら来いという姿勢だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント