僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)047

 それを邪魔する、余計な声が一つ。

「はっ、聞いた事あるよ、私、元々ダッチワイフ用に作られたんでしょ、あんた?」
 刺客の一人だった。
 クリスチーヌ同様、腐った目の持ち主だった。
「だから、何だい?――今は恩人の手で人造人間として生まれ変わって優勝を目指している」
「はぁ、あんたみたいなポンコツを天下の大富豪家が相手にする訳ないじゃない」
「それでも恩人の為に優勝を目指したいと思っている」
「万が一、優勝出来てもお払い箱よ、あんた何か……ぐ」
「ちょっとあなた、見苦しいので眠ってて下さい」
 花梨はリーファをバカにする選手に手刀を当てて気絶させた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント