僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)055

 彼女の前に立ち塞がったのはジャリスという女だった。
 レースの途中で足に怪我をしてしまい、ゴールまでたどり着けないでいる選手だった。
 ジャリスも五周目でとにかく、他の五周目の選手を潰して、自分がゆっくりと進んで、ゴールするのを狙っているらしい。
 スライムハーフのこの女は自分の両腕を液体化させる事が出来る。
 それにより、相手を絡め取って動けない様にしていっているらしい。
 既に、何人か、突破されていて、花梨にまで先を越されたら後がないと焦っているらしかった。
「すみません、どいていただけますか?」
「こっちはトーナメント出場がかかっているんでね。そうもいかないんだよ」
「仕方ありませんね。ここは力押しで通らせていただきます」
 花梨の体力もかなり限界が近づいていた。
 ここに来るまでにかなりのバトルを戦って来たからだ。

続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント