僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)065

「バトルロイヤルの方では三十一人が残ったので、こっちのアスレチックレースは三十三位までがトーナメント進出だってさ」
 リーファが理由を説明してくれた。
「え?……そ、そうなの?」
 花梨の瞳に希望の光が灯る。
「そう。同時に二人、倒れたから、残ったのが三十一人だったらしいよ。はは、悪運強いね、花梨さん」
「へ、へへ……そうみたいね。何かどっと疲れが出たわ」
「目立ってたからね。とにかく、お疲れ様」
「う、うん……くかぁ……」
 安心した花梨はそのまま眠ってしまった。
「やっぱり、君は、ボクの最大のライバルになりそうだね。トーナメントが楽しみだよ」
 リーファは花梨を抱えて医務室まで連れていった。
 花梨はギリギリの戦いに何とか勝ち残った安心感からか深い眠りについた。

続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント