僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)002

 全員、正妻の子供ではなく、内縁の妻の子供だ。
 母方の姓を名乗って生活していたら、突然、大富豪家の御曹司だと言われ、連れて来られたのだ。
 華真生はしばらくの沈黙の末、思い口を開いた。
「実は、君達には許嫁がいる」
 四人は目をぱちくりした。
 いきなり、父と名乗った男が自分達に許嫁がいると言ってきたのだ。
「え?それはどういう……」
 花太郎が父に尋ねる。
「だから、君達には許嫁がいると言ったんだ。世界中に二百万人ほど」
「は?」
 父の言葉に疑問の言葉を放つ鳥助だった。
 他の三人も同じ気持ちだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント