僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)120

「こりゃ、何をしておる?相手は殺人鬼、遠慮してどうする」
 覇仁が檄を飛ばす。
「解ってるけど、でも……」
 花梨の言葉には迷いが見て取れる。
「戦いにおいて、入らぬ情けは相手に失礼じゃ。やれ、花梨」
 覇仁が更に言う。
「……わ、わかった」
 迷いはあったが、花梨にも佐和義と結婚したいという夢がある。
 間違っても殺人鬼に――殺人鬼になってしまった少女に嫁の座を取られる訳にはいかないのだ。
 花梨は攻撃に転じた。

続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント