僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)005

 ゴリラとは言い過ぎかも知れないが、どう見ても類人猿にしか見えない奥さん。
 四人の息子はどよめいた。
「一番強かったら、例え、ゴリラだろうが、エイリアンだろうが、ロボットだろうが、恐竜だろうが、おかまちゃんだろうが、ミジンコだろうが、結婚しなくてはならない。それが大富豪家の掟だ」
「そんな、無茶苦茶なぁ~」×4
 息だけはぴったりな息子達だった。
「お前達は二百万の嫁の中から好きな女性を選べ。何人でもかまわん。選んだ女性の中の誰かが一番強かったら、その女性を相手に選んでいた者が大富豪家の家長となる。良いな?」
「嫌です」×4
「黙れ。これは決まった事だ。はい、解散、各自、自分の許嫁を確保しておくように」
「俺は嫌だ」
 長助が叫ぶ。

続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント