僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)126

 名前こそ、適当につけられたが秘奥義と呼ぶだけあって、その勢いは凄まじく、譲の異次元スカートをちぎり取った。

「ぐぎゃああああああ……」
 異次元スカートに取り憑いて、力を得ていた無名の悪魔の断末魔が聞こえてきた。
 そして、譲から異次元スカートの呪縛が断ち切られる。

 正気に戻る譲。
 彼女は今まで犯してしまった殺人に後悔――はしなかった。
 すれてしまった性格は変えようが無く、これが地の性格として、すっかり定着してしまったのだ。
 だが、異次元スカートが無くなった今は、今までのように、殺害をする事は出来なくなった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント