僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)007

「ならぬぞ、花梨。そのような優男との交際など――お前には許嫁がおる」
「何でよ、おじいちゃん。私、聞いてない」
 佐和義の思い人、神田 花梨(かんだ かりん)も問題を抱えていた。
「お前は、神者(しんじゃ)として、神術(しんじゅつ)使いとして、大富豪家の嫁になる義務がある。その男の事は忘れよ」
「忘れられる訳ないよ。せっかく両思いなのに。やっとそれが、わかったのに。なんで、私達の恋の邪魔をするの?おじいちゃんなんか馬に蹴られちゃえ」
「ならぬといったらならぬ。お前の母は、前大会の折、ゴリラに負けた。その雪辱を晴らすのじゃ」
「知らないよ。そんなの。ただ、良い暮らしがしたいだけじゃないの、おじいちゃんは?」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント