僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)014

 外野――野次馬達はいよいよ告白かと思って、それを隠れて見守っている。
「男ならいけ、佐和義」
「ファイト、花梨ちゃん」
 級友達にとっては二人の両思いという事については暗黙の了解で、後は順調に交際がスタートするのを温かく見守っている状態だった。
 二人が両思いだという事は衆知の事実。
 その事を知らないのは当の本人達だけだった。
 しばしの沈黙があった。
 嫌な汗がでる二人。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント