この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 ちょっと番組が溜まっていますので、見ないと行けません。 なので余計な更新はせずに、次の更新で終了とさせていただきます。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)060

 幸い、おそらく三十二位辺りになりそうな選手の背中が見えて来た。  その選手を抜けば、ギリギリで、トーナメント出場権を得ることが出来そうだ。  体力的にも残り少ない。  神術は後、一回か二回が限度だろう。  花梨は無心になって走り続けた。  そして、ついに、三十二位の選手を抜く。  ゴールまでは後、五百メートルを切った。 続く。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)059

 ――が。 「神術、無想身」  花梨は残りの体力が心配だったが、強力な無属性の技を使ってすり抜けた。  そのまま、風の属性、超速走で一気に駆け抜ける。 「くそぉ~」  後ろからジャリスの悔しがる声が聞こえた気がしたが、すぐに聞こえなくなる。  体力的に超速走がもったのは一キロまでだった。  後は自力で走り抜けるしかない。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)058

「あの……他の選手が通り過ぎて行ったんですけど?」  花梨がつぶやく。 「あんたのせいだ……」  ジャリスもつぶやく。 「は?」 「あんたが、目立ち過ぎるから、私はあんたを警戒して、優勝を逃してしまった。こうなったらやけだ。あんたに予選は突破させない。私と一緒に予選落ちだ。さっきのがゴールしたら、予選敗退が決まる」 「何言ってんですか?じゃあ、抜かさないといけないじゃないですか」 …

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)056

 出る杭は打たれる。  花梨の行動は才能が足りない者に取っては脅威に映るらしく、彼女を止める為に、より多くの選手が刺客として、立ち塞がった。  それだけ有望という事なのだが、その分、いろいろと体力を使う事が多かった。  バトルだけで言えば、間違いなくレース参加者の中で一番戦っているだろう。  それも二番目に戦っている選手より、三倍以上は戦っている。  最下位から凄い勢いで、ごぼう抜…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の12日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後はメタボの薬をもらいに病院に行きます。 次の制作は木曜日になります。 その時には【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編第001-05話を作ります。 やはり、アクア編やウェントス編を作るのと違って、20ページ以上というのではなく、最低でも24ページ以上を1話とするので、多少、時間がかかると思いま…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今度は【ハイキュー】ですか? 何か終了ラッシュですね、ジャンプは。 どうなっちゃうんでしょうね、ジャンプ…… という独り言はおいておいて、ただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトです。 今週は6日間出勤ですね。 来週は4日連休とかありますけどね。 仕事としてはあちこちに助っ人に行きました。 忙しい日でしたね。 続きます。

続きを読む