僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)192

 その戦いを見ていた覇仁は――
「うむ、あっぱれな戦いだった。じゃが、やはり、思うたより、選手のレベルは高そうじゃな。もう二、三歩は精進させねばなるまい」
 とつぶやいた。
 覇仁はこのままのレベルで、全国大会を勝ち抜けると思っていた。

 だが、選手のレベルは予想以上に高く、そのままのレベルだと近いうちに負ける可能性が考えられた。
 出し惜しみをしている場合ではなく、少しでも早く、完全な花梨にならねば、勝ち上がる事は不可能に近い事を悟った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント