隣の席のでみちゃん(プレイバック)009

 後楽がライバルと言っていたのは【でみちゃん】の事だったのだ。
 そして、後楽も【でみちゃん】同様、電波ちゃんだったのだ。
 でも、なんで、後楽も【でみちゃん】も俺の夢の中に出て来たんだ?
 それだけは解らなかった。
 だけど、それを気にしている余裕は俺には無かった。
「契約者しょーすけ、こっちに来て作戦会議だ」
「は、はは、もう好きにして……」
 俺は【でみちゃん】に連れられて階段下に作戦会議をしに向かった。
 ショックがでかすぎて何も覚えちゃいなかったけど。
 誰か、俺の青春を返してくれ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント